統計・資料
統計・資料
玩具市場規模データ
 
2019年 6月11日
 

2018年度の玩具の国内市場規模は8,398億円
前年度比105.0%で調査開始以来、最高水準を達成

   
  2018年度玩具市場規模調査結果データPDF

2018年度玩具市場規模調査結果データ【主要10分野】PDF
   
  ◎玩具市場規模の概況

 2018年度の日本国内における玩具市場規模は上代価格(希望小売価格)ベースで前年度比105.0%となり、金額にして8,398億円でした。この数字はこれまでで最も高かった調査開始年度の2001年度とほぼ肩を並べ、この18年間で過去最高水準でした。
 また、玩具の中核を占める10分野(注参照)では、2018年度の市場規模は前年度比107.0%の5,436億円で、この18年間で過去最高を記録しました。
 2018年度に最も大きく伸びたのは、「遊戯王OCG」や「ポケモンカードゲーム」が好調だったカードゲーム・トレーディングカードの分野で前年度比123.9%、金額にして1,086億円でした。また、サプライズトイや女児キャラクターなどが好調だった女児玩具も前年度比114.2%と伸びました。新しい市場を創出したサプライズトイは85億円、好調だったキッズPC・キッズPad市場は65億円の売り上げとなりました。
 この18年間で15歳未満の子ども人口は1,828万人から1,542万人と15.6%減少し、少子化傾向は顕著ですが、玩具市場は2009年度を底に復調・拡大傾向が続いています。2009年から大きく伸びたのは女児玩具(168.2%)、ぬいぐるみ(144.1%)、カードゲーム・トレーディングカード(123.7%)、男児キャラクター(124.8%)などで、中分類で伸び率の大きいブロック、ミニカー、プラモデルなどと同様に、いずれも大人層を取り込むなど対象年齢の拡大が顕著です。
 また女児玩具市場は、男の子向け市場(カードゲーム・トレーディングカード、男児キャラクター、男児玩具の合計)の22.6%(2009年度)でしたが、年々拡大し2018年度には30.1%までに増えています。子ども人口の男女比がほぼ同じであることを考えれば、女児玩具市場はまだまだ拡大できる可能性があると言えます。
 なお、本調査がセルインベースであることと、対象年齢の拡大等により玩具の多様化が進んでいることなどで、玩具小売業においては全商品を扱うことは難しく、また得意分野とそうでない分野が生じる傾向にあり、市場全体の動向と個々の小売業の売り上げ動向がリンクしないケースも増えています。  このように、新市場の創出と対象年齢の拡大と新しい技術やトレンドの導入などによって、玩具業界は少子化の中でも成長しており、今後グローバル化もあわせて推進していくことで、さらなる発展の可能性を秘めています。


(注)主要10分野とは、市場全体からベビーカー・チャイルドシート・三輪車などの乗用関連と、雑貨、ホビーを除いたものです。


(上記グラフPDF資料はこちら
 


◎2018年度の商品動向

 2018年度の玩具市場を商品分野別に振り返ると、大分類で伸びたのは①カードゲーム・トレーディングカード(前年度比123.9%)、②女児玩具(114.2%)、③ぬいぐるみ(105.1%)、④ホビー(104.2%)でした。また男児キャラクターとジグソーパズルもともに102.2%と堅調でした。
 カードゲームでは2019年2月で発売20年目に入った「遊戯王OCG」が大きく伸び、「ポケモンカードゲーム」も驚異的な伸びを記録しました。
 また女児玩具では「L.O.L.サプライズ!」が「WHO are YOU?」などとともにサプライズトイという新市場を創出したほか、中分類では「HUGっと!プリキュア」「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」が好調だった女児キャラクターと、4年連続で売り上げ増が続いている「リカちゃん」などの貢献で着せ替えの分野が伸びました。
 ぬいぐるみは、ディズニー、ミニオン、ポケモンなどのキャラクターぬいぐるみの貢献と、「ミミクリーペット」「ちょっこりさん」などのようにユーチューバーによる拡散やインスタ映え効果で前年度比105.1%となり、3年連続で市場が拡大しました。ホビーもガンプラやミニ四駆などによりプラモデルが伸び、フィギュアも良かったことで前年を超えました。
 また中分類では、ブロックがレゴブロックなどの伸長で、立体パズルがルービックキューブなどの好調で、サマートイがウォーターガンの好調と猛暑で、それぞれ良い売れ行きを示しました。
玩具業界では2018年度の国内玩具市場が良い結果だったことを受けて、2019年度も「東京おもちゃショー2019」の開催を機に、さらに市場が盛り上がるものと期待しています。


(本調査は、一般社団法人 日本玩具協会の会員企業及び東京おもちゃショー出展企業の出荷額をベースに、さまざまな角度から調査・推計したものです)

   
   

 

Page Top