東京おもちゃショー2016
   
■STマークの年表示について
<STマーク制度要綱 第4条6項 より>
標章「ST」の右横の数字は検査申請年(更新の場合にあっては、更新の検査を申請した年)を表すものとし、当該検査申請のあった年の西暦年号の下2桁の数字を用いる。
STマーク


左のマークは、2016年1月~2016年12月までの申請時の表示例。
年表示が「16」となります。

2015年12月末までの申請は年表示「15」となります。

2013年4月1日に一般社団法人に移行しました。
STマーク表示では、左記のように(一社)となっています。


 

■お知らせ
2016.03.30 風船に取り付けられているマウスピースの引張試験について
風船(主にジェット風船、ロケット風船など)に取り付けられている分離不可能なマウスピース(吹口)に対する引張試験の実施方法について、ST基準判定会議で審議し、確認しましたので通知致します。
詳細につきましては、こちら資料PDFをご覧ください。
    
2016.03.18 ST2016実施に伴うSTシステムの切替について(ST申請時間の変更)
平成28年4月1日からST基準2016(以降 2年間は「ST基準2012」並行申請可)が施行されます。
それに伴い、システム切り変えの為、下記の日時の間、ST申請システムを停止させていただきます。

停止期間 :3月31日(木)17:00 ~ 4月1日10:00迄
    詳細についてはこちらPDFをご覧ください。
2016.02.23

ST検査料金の改定のお知らせ
ST基準の改定(ST2016)による検査項目の増加に伴い、検査料金(ST第1部・第2部)を改定させて頂きます。
改定検査料金の適用は、平成28年4月1日以降の申請分からです。
なお、現行基準(ST2012第5版)で検査する場合の検査料金も、改定料金と同額となります。
詳細については、下記の資料をご確認ください。
ST検査料金改定のお知らせPDF

2016.2.17

資料の掲載及び質問の事前受付について(ST基準改定説明会)
ST基準改定説明会(東京・大阪)で使用する「説明資料」は下記の資料となります
当日は、各自印刷してお持ち下さい。(当日は配布致しません。)

(以下全てPDF)
資料1 スライド資料 (38P)
資料2 発射体の条項の適用関係 (1P)
資料3 発射体の要求事項・試験方法の改定箇所(1P)
資料4 ST第2部の要求事項・試験方法の改定箇所(1P)

また、質問等がございましたら、前もって下記「質問用紙」にご記入の上、ファックスにて内容の登録をお願い致します。

「質問用紙」は下記をご利用ください。
PDF形式   ・Word文書


<日本玩具協会トップページへ


Page Top